teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:83/650 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

八ヶ岳チャンドラのジャズライブ情報

 投稿者:小野浩一  投稿日:2015年11月 4日(水)20時21分46秒
  通報
  Yatsugatake Jazz Dreamin’ live at Chandra ★
2015年11月14日(土)
開場18:30  開演 19:30~(2ステージ、入替なし)
澁谷 盛良(ウッドベース)

中西 真一(テナーサックス、時々ボーカル)
南野陽征(ピアノ)
高橋幹夫(ドラム)

 ライブチャージ 3000円(税込)

当店のジャズライブは、首都圏のライブ・ハウスで活躍中のプロ・ミュージシャンばかりです。
お客様にごゆっくりとお楽しみいただくため、完全予約制となっております。
お申し込みいただける方は、bar_chandra@ybb.ne.jp までご連絡ください。
あわせてお食事(ピザ・パスタ・カレー)、ご宿泊も承りますので事前にお申し込みください。

澁谷 盛良(ベース)
群馬県渋川市出身。高校生のときに、キャノンボール・アダレイの「サムシング・エルス」を聴き、以後ジャズに傾倒する。
アコースティックベースの、アコースティックならではの音色を大切にして、ベースを奏でている。メロディーを自然に捉えてコード・プログレッションとの関連性を掴むため、譜面台の必要があまりない。響きのある太くて暖かい音色には定評があり、ニュートラルな、自然体のベースは、いつのまにか聴衆の体を揺らし始める。参加アルバムは、関口祐二『Melodies Of Love』、ファンキー末吉『香港大夜総会』、松本全芸『エコー・オブ・ザ・ウェイブ』(2009年)など。

中西 真一(テナーサックス)
1985年、New Yorkに渡り、ハーレムのジャズクラブで専属のバンドのメンバーとなり、そのときから彼のバップ・ミュージシャンとしての人生が始まった。頑固なまでにバップにこだわり、swingにこだわり続けた彼のテナーの音には年齢に似合わない風格がある。深くて広がりのあるそのサウンドからは、ある意味で現代のメカニカルな音楽世界に対峙する姿勢を感じる。これまでにデニス・チャールズ(ds)やフランク・ガント、今は亡きC・シャープ(A.sax), T. タレンタイン(tp) などと共にイースト・ビレッジの週末セッションの中心メンバーとしてバッピッシュな演奏をくりひろげ、その後ブルックリン・ライトハウスのフロントプレイヤーとしても活躍。
2000年よりニューヨーク、ハーレムに居住。市内のジャズクラヴ、年に一度の日本ツアーなどで活動。
03年より自己のグループ「PRIMETIME」を率いて全国的に活動を始める。
04年「PRIMETIME」のファーストアルバム『Sweet Memory』発表!
08年、グレッグ・バンディー(ds)、ロニー・プラキシコ(bass)、野瀬栄進(pf)、デイヴィッド・スミス(tp)等とのユニットでニューアルバム『Sugarhill Blues』を発表! 09年春、拠点を日本に移し活動中。

南野陽征(ピアノ) 
横浜市立港高等学校卒業。在学中、ロックバンドのオルガン奏者としてプロ入り。19歳でピアノに転向。横浜ジャム音楽学院学院長の宮澤隆氏に師事。
24歳でギタリストの宮ノ上貴昭氏のバンドに参加する。
本牧ジャズ祭、横浜ジャズプロムナード等、様々なジャズフェスティバルに出演。
バイソン片山、高橋幹夫、ジョージ川口Jr.等と共演し、2003年には初リーダー作発表。現在は野中英士トリオ他、数多くのミュージシャンと共演。
また、2008年に斎藤草平(bass) 、鎌倉規匠(drums)とともに結成したピアノトリオ、R-menではジャズスタンダードを中心に演奏。北九州の鉄人ジャズでチャーネットモフェット、ビクタールイス等と共演。
ピアノの他、トランペットも得意とする。

高橋幹夫(ドラム) 
1958年、宇都宮市生まれ。10歳からスネアドラムに興味を持ち独学で始める。後にロック、フュージョンバンドを始め、高校卒業後上京。都内のライブハウスでプロ入りする(常藤Gt、上田B、高橋DrのTUT UNIT)。
その後ジャズに興味を持ち85年に渡米しHARU(g)率いるHARU Trio、HIKO BANDに参加。55BARをはじめ、マンハッタンのライブハウスで活動。88年、ジョー・ジョーンズJr.に師事。ニューヨーク時代には、ウォルター・ビショップJr.、ジュニア・マンス、ハービー・シュワルツなど数多くのミュージシャンと共演。99年に帰国、現在は国内のライブハウスを中心に活動し、HARU(g)、岡安芳明(g)、中本マリ(vo)などのレギュラードラマーとして活動中。

http://blogs.yahoo.co.jp/bar_chandra

 
 
》記事一覧表示

新着順:83/650 《前のページ | 次のページ》
/650