teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


田道間守の件

 投稿者:本郷の主殿  投稿日:2019年 8月 5日(月)07時55分9秒
返信・引用
    かるほ 様

 ご回答ありがとうございました。たしかに姓+名とだけ考えなければ疑問は氷解いたします。
 但馬国の国守という説があるとの記述もありましたので、とりあえずその説に従っておき
 ます。ご面倒おかけしました。  本郷の主殿


 
 
 

???

 投稿者:かるほ  投稿日:2019年 8月 4日(日)23時02分40秒
返信・引用
  本郷の主殿さん
>>「田島間守」という人は、どこまでか名字でどこが名前なのでしょうか?

え?そんなこと考えたことないです(笑)
てか、そもそもこれ、名字+名前なんでしょうか。

”田道間守の生まれについて、『日本書紀』垂仁天皇3年条では天日槍(新羅からの伝承上の渡来人)の玄孫で、清彦の子とする。”
(→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E9%81%93%E9%96%93%E5%AE%88
以上の情報はないようですし、
それよりなにより。
「伝承上の渡来人」とあるように伝説上の人物ですし、
どこまでが名字で、どこからが名前って考えなくてもいいような気も…。

で。
田島間守の守って肥後守の守(カミ)といっしょ???
カミは国司の長官。地方官の長って意味ならタジマノオサ?

いやいや、田島間守自身が伝説の人だから、そんな厳密に考えなくてもいいのではないかと
思いますが…。
 

田島間守

 投稿者:本郷の主殿  投稿日:2019年 7月29日(月)17時50分18秒
返信・引用
   かるほ 様
 お教えください。「田島間守」という人は、どこまでか名字でどこが名前なのでしょうか?
 恥ずかしながらこの名前が出てくるたびにいつも疑念を持つのです。
 よろしくお願いいたします。 本郷の主殿より
 
 

ねぇ…

 投稿者:かるほ  投稿日:2019年 4月21日(日)22時58分11秒
返信・引用
  てんけいさん
私も寝耳に水で、思わずいたずらメールかと思いました。
無料で使わせてもらっていたのであまり大きなことは言えませんが、
それにしても、告知して三日後に完全封鎖ってひどくないですか?
これクラスの変化って、一年なり、半年なりの猶予があることが多いですけど。

あたしの時間を(少ない自由時間を!!)返せ~!
せっかく整備した情報だったのに、使えなくなるんだったら、
調べるんじゃなかったよ(ぶちぶち)

そのうち、過去のメルマガも自分のhpで見れるようにしようとは思ってましたが。
こんなに早く、必要に迫られて、くるとは…。
もちろん今すぐには無理ですし、これまたいつまでとはお約束できないですが。
むーん。
 

悪夢でしかありません…

 投稿者:てんけい  投稿日:2019年 4月21日(日)15時15分19秒
返信・引用
  全面的にたよりきってお勉強してきたのに、予告なしにあまりに酷い仕打ち…
いやぁ…唖然としか言いようがありません。どうしたもんじゃろのう…
 

ありがとうございます

 投稿者:かるほ  投稿日:2019年 4月12日(金)22時44分28秒
返信・引用
  てんけいさん
使えましたか>例の表。
それはそれは何よりです。
そういっていただけると作った甲斐があります。
どうぞご活用ください。

明日からは関西入りします。
お天気が気がかりですけどね。
 

アウトオブ脳内

 投稿者:てんけい  投稿日:2019年 4月11日(木)10時48分36秒
返信・引用
  ソムリエ受験のことをすっかり忘れている日々を過ごしております。そんな私を諫めるかの如くメールマガジンがやって来ました(笑)
使い方の説明を読みとばし、早速、バックナンバー一覧表をプリントアウトして実際に検索してみました。一発でお目当ての号にたどり着けました!
一級受験のときは、手書きのメモで対処していたのですが、これでいつからでもスグにお勉強を始められますね。コツコツ…って言葉は私の辞書に載ってなくて、ひと月ほど前の「お勉強するぜ!」って決心がどこへやら…ですが、常に心のどこかで気にかけつつ、アンテナを伸ばすことにします。
雑談でも配信してください。お勉強せねば!って思い出しますから。
 

春はまた来る

 投稿者:かるほ  投稿日:2019年 4月 7日(日)22時31分0秒
返信・引用
  ダーリンは72歳さん
ソムリエ撃沈でしたか~春樹足りなば…もとい、春来たりなば次の春遠からじ。
次の”初春”目指してまた、がんばりましょう★

「古都華」=ことか、ですね。
https://www.kudamononavi.com/zukan/strawberry/kotoka

奈良のイチゴといえば「あすかルビー」ですが、
どんどん新種の食物は出てくるので、そういうのもチェックしないといけないのが奈良検定。
奈良野菜も地味ぃに増えていたりしますもんね。
はー、勉強に終わりなしなのです(笑)

飽きずに、ダレずに、コツコツとお勉強しましょう!
 

ダメでした

 投稿者:ダーリンは72歳  投稿日:2019年 3月30日(土)10時16分47秒
返信・引用
  仕事が忙しく、書き込みができずにおりました。ソムリエ級、初チャレンジは66点で、あえなく撃沈しました(T_T) やはり4択がダメダメだったのが響いたようです。「古都華」を“すいか”と答えているようでは問題外ですよね。あはは(笑)事前講習会は受けたかったのですが、既に予定が入っていて行くことができませんでした。今年は何とか行けるようにしたいなー。また、イチから出直します。  

本郷の主殿 様

 投稿者:エデンの戦士  投稿日:2019年 3月29日(金)21時34分58秒
返信・引用
  お声掛けいただきまして恐縮です。
ありがとうございます。

ソムリエ級の合格の近道は、
普段の勉強を積み重ねて講習会をいかに活かすかですよね。

了解しました。

ただ、
私は自分のブログにも書きましたが、
一緒に受験する後輩とともにこの4月に職場で新しい部署への異動となりました。
しばらくは新しい仕事に慣れるために奈良検定の受験勉強が充分に出来ません。

なので悔しいですけど、
しばらくは一年に一度のイベントとしてソムリエ級を受験して、
受験そのものを楽しむスタイルにしようかと思っています。

ですが、
講習会を受けることで合格の可能性が高まるのならそれは大歓迎です。
後輩ともども一緒にこのイベントを頑張りたいと思います。

貴重な情報をありがとうございました。
 

レンタル掲示板
/47