teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:17/431 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ソムリエの道も最初の一歩から

 投稿者:かるほ  投稿日:2018年12月28日(金)21時21分0秒
  通報 返信・引用
  再挑戦者さま
お返事遅くなりすみません。

ソムリエ試験、ぜひぜひチャレンジして下さい。
1級までは過去問題が出るのでなんとか予測が付けられますが、
ソムリエ試験では建前上過去問は出ないことになっているのでちょっと難儀です。

それでもソムリエ問題でも、「あれ?この問題、いつの年だったか出たことある」って問題も多少あるので、
過去に出題された問題はすべて覚えておくくらいの気構えがあると少しは余裕が出ます。
(2級の問題も、1級の問題も、もちろんソムリエで出た問題も、です)
ただ、出題の半分程度は四択問題なので、そんなに悩まなくても大丈夫(?)です。
山カンもありです。

四択問題はどんな問題が出るか予測はムズカシイですが、
200文字で書く、又は400文字で書く文章問題はある程度予測ができます。
その、予測をするためのネタは、「認定支援セミナー」です。

このセミナーに出席すると、何やらプリントを配布して、試験内容にあたらずしも遠からずな内容を
話してくれますので、「ああ生駒の話をよくしているなあ」と思ったら、試験では生駒のルート案内が出たり、
先生が何度か話していることを覚えておいたら試験で出たとか、いろいろなメリットがあります。

ただ、6480円ほどお金がかかったり、決められた日にセミナーを受けたりする必要がありますが、
その代金以上のメリットは確かにあります。

ただし、この内容が確実に出ますとはずばり言ってくれませんので、
「たぶんこの内容が出るのではないか」とか「繰り返し行ってることがあるなあ」とかは
自分で予測しないといけませんが。

あと四択は、もうこればっかりは予測不可能です。
本当に重箱の隅をつつくような問題がでたり、こんなことまで知らないといかんの?
って問題も出ますので、出たときは脱力しますが。

なので、奈良に関する知識を幅広く、収集するようにして下さい。
私の体験談ではありませんが、無料でもらえるパンフレットをたくさん集めて、
それを片っ端から読んで、知識を蓄えたという声もあります。

わたしからのおすすめは何度も言っていますが「大和を歩く」という本を一冊持っていると
とんでもなくたくさんの情報量を含んでいますので、ぜひお手元に一冊置いておかれることをお勧めします。
一時期はとても高価でしたが、最近は安価なものも出回っていますので探してみてください。
(現在は本屋さんでは売っていません。古本しかありませんので、amazonなどで探してみてください。
たとえばここなどで…。
https://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/4888560315/ref=sr_1_1_olp?ie=UTF8&qid=1545919706&sr=8-1&keywords=%E5%A4%A7%E5%92%8C%E3%82%92%E6%AD%A9%E3%81%8F

ただ、ソムリエ級の合格には絶対的な勉強法はありませんので、
やはり現地に勝る教材はないので、現地をたくさん訪れてみるというのも正攻法な勉強方法です。
実際に行ってみたところは、記憶に残りやすいですし、テキストを読んでみても映像が浮かびやすいですから。

ぜひテキストばかりの勉強ではなく、たくさん本物と本場を見て下さい。
それが合格に結び付くと思います。
そして、楽しんで勉強をしてください。
ご健闘をお祈りします。


 
 
》記事一覧表示

新着順:17/431 《前のページ | 次のページ》
/431